女の人

投資信託を始める前に証券会社を比較|信託報酬の高い会社選び

投資家に人気の金融商品

お金を持つ男性

ノーロード型

証券会社で取り扱われている投資信託の種類というのは、近年で非常に多くなってきています。国内の株価指数に連動する投資信託でも、複数のファンドが用意されていることがあります。このように投資信託の数が多くなったことで、運用会社間の競争が激化してきています。その結果として、証券会社で取り扱われる投資信託の中では、買付けや売却時の手数料が無料がとなるノーロード型が増えている状況が出ています。このようなノーロード型の投資信託は、インデックスに連動するタイプの他に複数のタイプが用意されています。ノーロード型の投資信託では投資家が売買する際に証券会社への手数料収入がなくなりますが、証券会社では投資信託の運用も行っていることが多いために信託報酬による収入を得ることができています。

自由に売買ができる選択肢

個人投資家にノーロード型の投資信託が人気になっている理由しては、手数料を気にしないで売買ができることが挙げられます。従来の投資信託は買付けや売却を行う際に比較的大きな手数料が発生していたため、長期の投資をするしか選択がない状況が起こっていました。しかし、ノーロード型によって売買手数料が掛からなくなれば、購入して数か月後に売却することも気軽にできるようになります。このようにノーロード型の投資信託であれば、個別株式のように短期の売買を行うなど、自由に売買をすることが実現できます。近年では個人投資家がノーロード型を選択する傾向が強まっているため、証券会社でもノーロード型の金融商品を増やして対応をしている状況が生まれています。